バナー

新卒採用がなぜ日本で一般的なのか

日本で新卒採用が始まったのは、明治期にさかのぼります。

その当時、ホワイトカラーを対象に、人材を確保するために行われ始めたのです。

そして、その習慣はすでに戦前には定着していました。



世界を変えられる企業でありたいというのがDYMの抱える目標の一つです。


その後、日本は高度経済成長を遂げて、労働力不足気味になりました。

そこで、新卒採用は、その不足する労働力確保に大いに役立ち、完全に確立するに至っています。

しかし、諸外国を見ると、必ずしもこのような仕組みがとられているわけではなく、卒業後に様々な経験を積んでから就職をすることが一般的です。他社の役員クラスの方とつながりをもてるのもベンチャーならでは。

DYMでもそうした場面がたくさんあります。



しかし、日本ではこのようなことは難しいです。


その理由は、新卒採用を逃せば、中途採用を受けるしか方法はありませんが、州都採用はより、能力を重視した採用活動であるため、採用されるためのハードルが高くなります。
しかし、諸外国を見ると、必ずしもこのような仕組みがとられているわけではなく、卒業後に様々な経験を積んでから就職をすることが一般的です。

しかし、日本ではこのようなことは難しいです。
その理由は、新卒採用を逃せば、中途採用を受けるしか方法はありませんが、州都採用はより、能力を重視した採用活動であるため、採用されるためのハードルが高くなります。

また、新卒採用は、毎年定期的に、一定数の採用枠が存在しているため、仕事を選ばなければ、仕事を探すことは比較的楽です。


しかし、中途採用は、不足した人材を補う目的で行われているため、常に行っているとは限らず、探すこと自体にも労力がいります。



そのため、日本では、有利な新卒という身分を生かせるのに、あえて不利な状況を自分で作り出すようなことはなされません。


このような仕組みが良いか否かは一概には言えませんが、人材の多様性という意味では、新卒だけにこだわらない方が良いでしょう。

実際、かつての終身雇用制は薄れつつあるため、新卒を採用のメインに据える必要性も、検討していく必要があります。